学校ブログ

ある日のお昼休み。

6/1(月)から、中庭を開放しています。

 

 

 

 

 

前日から仕込んでお弁当を作ってくる人

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レジャーシートを忘れた男子に、優しく貸してあげた人

(やさしい~)

 

 

 

 

 

 

 友達と一緒に

 賑やかに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  みんな笑顔で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれの楽しみ方で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 過ごす人たちが
 いました。

 

 

 

 

 

 

 

今後も、コロナに負けずに楽しく生活していきましょう!

 

いつも快晴だったら、

いいですね。

 

 

 

 

「放課後」も再開①

今週から放課後の部活動が再開しています。

活動時間など

さまざまな制約がある中ですが、

屋外や教室や、

体育館で

部活動が行われています。

 

賑やかな放課後が、少しずつ戻ってきています。

FUJI GAP オンライン会議

本校は毎年フィリピンのイロイロ市に17泊18日の海外語学研修を開催しています。

現地のNGO団体LOOBさんに企画していただき、1日5時間のマンツーマンレッスン・グループワークでの英会話の他に、ボランティアなどの社会的活動、姉妹校であるAteneo de Iloiloを含める学校訪問も行っています。

実はこの団体の代表である小林幸恵さんは、この北見藤高等学校の卒業生です。

今日は、本年度の語学研修に向けての第1回目のオンライン会議を行いました。

現地体験型だけではなく、オンラインでのSDGs海外研修(サステイナブルツアー&英語体験)についてもご提案いただきました。

コロナ禍の中ではありますが、様々な可能性を求め、運営していきたいと思います。

告知

 本年度より海外語学研修のネーミングが決定いたしました。

 FUJI  GLOBAL  ARCH  PROJECT (FUJI  GAP)

 GLOBAL(国際的)な視野を持って、国と国、人と人、さらには自分の将来との

 ARCH(架け橋)となるPROJECT(プロジェクト)にしよう!!

 そして、日本と世界との様々なGAP(差)を知ろう!!  

伝書鳩に

 先日伝書鳩さんに取材していただいた記事が5月28日(木)の伝書鳩にほぼ一面で掲載していただきました。この状況だから生まれたプロジェクトであり、有志にも関わらず沢山の生徒の努力が形にできたことは喜ばしいことだと感じました。上野君も取材で語っていましたが、学校で起きたこのムーブメントが市内の高校・全道の高校・日本の高校に広がって欲しいなと思いました。

 上野君の笑顔もキラキラして素晴らしかったですね(笑)

 

藤キャリア環境教育(栽培)

 6月が近づいて暖かい日が続くようになり、今年も環境教育の授業が始まりました。先週と今週の金曜日の2回とも天気に恵まれ、気持ちよく晴れた空の下で、2年4組のフロンティアコースの皆さんが、中庭のホール横の畑で元気に鍬をふるいました。しゃがみこんで草取りをする生徒や、土の中から突如出てきた虫に驚く生徒たち。賑やかに仲良く作業していて楽しそうでした!今後は畑での野菜栽培を通して、地元の産業や地産地消についても学んでいく予定です。柔らかく耕された畑に植えつけを行うのは6月上旬、次回も晴れるといいですね。

GO HOME プロジェクト②

 先週から行っている「GO HOME プロジェクト」ですが、伝書鳩さんが取材に来てくださいました。始まって3日目になるプロジェクトですが、多くの方に知っていただけるチャンスにも恵まれ、今日も多くの生徒が有志で参加してくれました。決まったメンバーで行っていないことで、いつも違うメンバーでこの活動を盛り上げてくれています。

 今日は朝早くから2年生の生徒会長の上野君と副会長の野上さんが横断幕に「GO HOME」と筆を使って大きく書いてくれました。

 取材を受けていた上野君はこの企画の趣旨や思いを記者の方に熱心に話していました。

オンライン面接練習

 先週から、3年生は今後の進路に向けて、オンライン面接の練習を始めている人もいます。最近、文科省が新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、オンラインによる面接やプレゼンテーションなど多様な選抜方法の工夫や配慮を行うよう、全国の大学などに要請したことをニュースで耳にした人も多いことでしょう。AO入試や推薦入試について、今後はそのような対策も練らなくてはいけない世の中なのですね。

 例年とは異なり、誰もが先行きの見えない年ではありますが、藤の生徒たちならばきっと強い意志で、立ちはだかる関門を次々と突破してくれることでしょう。先生たちはそのための協力を惜しみません。迷ったり悩んだり不安になったりするときもあると思いますが、その時にはどうぞ頼ってください。抱えている課題を一緒に考え、皆が前向きに努力を重ね、望む進路を勝ち取ることができるように応援していきます。ともに頑張りましょう!

同じ場所で。

 6時間目のLHR。

 3年生のあるクラスでは、クラスTシャツづくりについて話し合っていました。

 分散登校のため登校できないクラスメイトは webex で参加。

 画面越しに全員集合!!

 にぎやかな教室でした。

GO HOME プロジェクト

 昨日の放課後も先日に続いて1年2組の遠藤琉生君が消毒液を持って、下校する生徒に消毒を促してくれていました。1年生から積極的に消毒を勧めてくれ、帰りの雰囲気が明るくなっているのを感じました。

 それに加え、生徒会長の2年上野琉斗君が中心になって「GO HOME プロジェクト」を立ち上げ今日から始動しました。

〇趣旨〇

 新型コロナウイルスによって、先日までは「STAY HOME」として家で自粛を余儀なくされていました。感染する方も少なくなり、北海道でも非常事態宣言が緩和され、僕たちも分散登校という形で登校できています。しかしまだ完全にコロナウイルスが終息したわけではなく「段階的に」緩和されている状況です。先日まで「STAY HOME」をしていた高校生が学校に登校し、放課後自由に遊びに行ったり、不用意な外出を行うのはまだ早いのかなと思いました。

 そこで「STAY HOME」が終わった今、次に行わなければいけないのは「GO HOME」(帰宅する)だと考えこのプロジェクトを始動しました。

 2年生の沢山の有志で集まった生徒が「GO HOME」と書いた模造紙をもって「家に帰りましょう!」と呼び掛けていました。来週さらにこの活動が盛り上がってくれることを期待しています!

 【2年生有志】

伊藤君、森君、早川君、佐藤史弥君、松岡君、櫻井君、只石君、八巻君、長沢君、奥村君、中村君、新淵さん、吉岡さん、日野さん、五十嵐さん、國分さん、松原さん、小崎さん

消毒ボーイズ&ガールズ

出席番号の奇数・偶数に分かれての分散登校が始まって3日目。授業終了後に生徒玄関で堀校長先生が、下校する生徒の手に消毒液をかけてくださっていました。

その姿を見て1年2組の佐藤幹太君が「校長先生代わります!」と一言をかけてくれ、大きな声で「消毒お願いしま~す!!」と言って下校する生徒一人一人に消毒を促す姿がとても好印象でした。

また、1年2組の松井君、2年4組の会田君、2年5組の早川君、3年1組の近田さん・平泉さんも協力してくれ、生徒間でコロナウイルスを予防しようと声掛けをしていました。

こういった状況だからこそ生まれた、学年を超えた素晴らしい関わりだなと思いました。